ワカランものはツマラン

ワカランものはツマラン。これは何でもそうなんじゃないのか。

先日昔の同僚と呑む機会を得た。
が、話題の大半は彼の上司とかの批評。自分は知らん話ばかり、全然ワカランし面白くもない。

「知らん」と「ワカラン」は違う。知らなくても面白そうなことというのは世の中にいくらでもあろう。
しかし自分の知らない話を隠語ばかりで語られ、_訊_い_て_も_ろくな答えが返ってこないのでは、もうこれはcommunication barakedown、それ以上どうせいというのか。

自分の訊き方が悪いのか。
分かろうとして努力しても、それを拒絶される、拒絶する方は特権意識に浸れて気持ちよかろう、解ろうとする方はどうすればよいのか。ただ(彼等の上司等と)同列の愚か者として嗤われるべき運命にあるのか。同席すればただの酒の肴か、その席に行くだけバカということか。

何でも自分が悪いのか。

そこには人権はないのか。
[PR]

  by mtack | 2005-03-12 09:16 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 資産価値が増えている、? この人は何を言いたいのか? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE