日誌15Mar

 まぁいろいろありましたが殆どのことは書くと当たり障りがあるので無さそうなところで。
 今日銀行がbanking software(日本語で何と言うのだろう?)の他国行用"special module"をインストールしに来たが、失敗したらしい。明日か明後日また来るという。
 おーい、おまえら天下のEUだろうに、国が違うなんて理由になるのか?EU内ならなんでも(じゃなかった、これは後述)国内と同じ取引条件なんだから、ソフトくらいサクッとインストールしてよ。
 というわけで?、EUには「IBAN(International Bank Account Number )」というのがあって、口座番号が詳しくなったようなものなのだが(国とか銀行名とか支店名とか口座番号とかが全部含まれている)、取引の際にこれを銀行に教えてやると「国内と同じ取引条件(但し金額の上限アリ)」になる、つまり独逸からなら振込手数料無料!両替手数料無料!(って、Euro建ての場合に限るんだけど:両替してないんだから当たり前ともいう)。但し、「International」とはいえ、これが導入されてるのは事実上西欧諸国のみ(EU25ヶ国全部、とはまだいかないらしい)。また、このIBANってのが異様に長く(30桁くらいある、桁数は国によって異なる)、機械に覚えさせなきゃ到底実用に耐えない。機械がちゃんと動いてくれないと仕事にならないのよ。
 ついでだから、「過去ログが消えてしまう」という問題について訊いてみる。30日だけデータを読み込む設定になっていたらしい、動きが「重く」なるのを防ぐために。別に大して重くないっちゅーねん、というわけで365日にしてもらう。やっぱ1年位見たい
でしょう過去履歴は。
[PR]

  by mtack | 2005-03-16 02:28 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 変な時ってどんなとき? 外人に道を聞くか? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE