日誌17Maerz

banking softwareは、結局、英語環境では動かず、独逸語環境でしかまともに動かない(そういう仕様な訳ではないようだが)ということが分かった。独逸語で振込だのなんだの本当はやりたくないのだが仕方がない。それでもめている内に本社への支払は時間ギリギリに、滑り込みセーフ。
業績が悪いのと関係あるのかどうかワカランが、本社からツマラン問い合わせが山ほど入る。いちいち応えるのも面倒なのだが、それも仕事の内なのでしかたがないか。
[PR]

  by mtack | 2005-03-18 04:57 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< もうピックは落とすまい フリーフォームって >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE