「もはや旧"東"ではない」、というわけでもない

多くのドイツ人が「ベルリンの壁」復活を望む | Excite エキサイト : ニュース

見出しを見たらちょっとビックリしましたが.....

西側では救済基金として増税されるし、
東側では文化が蹂躙されるしヒトは西に流れていなくなるし、
全体では失業率上がるし、
今のところ(もう15年経ちますが)成果は出ていないというか、佳いことばかりではない、というところですか。驚くべき結果、でもないのかも。
「もはや戦後ではない」という言葉がかつて日本にはありましたが、
とにかく旧東の経済が安定しないことには国民全体が両手をあげて歓迎とはならないんですかね。

そういえば、この件とは直接関係ないけど、しばらく前に
「多くのドイツ人が未だに”マルク”に愛着を持っていて、復活を願っている」
という報道があったように思います。
元々、変化を拒むというか懐古(回顧)主義というか、そういう人々なのかしら。
[PR]

  by mtack | 2005-03-27 20:13 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< ついにその道のプロ登場 日誌24Maerz >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE