相変わらず豊富な失業者

NIKKEI NET:国際 ニュース
独、3月の失業者数は517万人・3カ月連続500万人超


期ののっけから不景気な話題ですが(苦笑)。
8人に1人が失業者ってことですよ(独逸での「失業者」の定義がどうなってるのかよく分からないのですが)。
「寒いと失業者が減らない」ってのはどういう理屈なんだろうか?路上にいるよりは就業してしまった方が冬を越しやすいんでは?って、独逸の失業者は雇用保険でヌクヌク暮らしてるからそんな心配ないのか。
それにしても、やはり失業者が多いのは旧"東"、社会主義が深く根付いているのか、働き口がないのか。いや、旧東の方が建築ラッシュだから、贅沢言わなきゃ働き口なんかあろうにと思うのだがいかがなモノなんだろうか。

【ベルリン=菅野幹雄】ドイツ連邦雇用庁が31日発表した3月の失業者数は517万6000人と、戦後最悪だった前の月を約4万人下回った。失業率は前月比0.1ポイント低下の12.5%。景気回復のもたつきが影響して、3カ月連続で500万人の大台を上回る高水準の失業が続いている。
 冬が終わる3月は失業者が減るのが通例だが、今年の減少は小幅にとどまった。失業者数を季節調整値でみると9万2000人の増加。雇用庁は厳しい寒さが長続きした気候要因が最大の理由と説明している。旧西独地域の失業率は前月比0.1ポイント低下の10.3%、旧東独も同じ幅で低下の20.6%となり、東西間で2倍の格差が付いた状態だ。 (19:52)

[PR]

  by mtack | 2005-04-01 06:21 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 日誌1April Futonは英語だけじゃない、... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE