「確信犯で罪の意識がなければパクリも犯罪もOK」って事ですねここで言われているのは、宮本 英夫様?

「確信犯で罪の意識がなければパクリであろうがOK」
貴殿の見識を疑います。
「確信犯で罪の意識がない」犯罪者による凶悪事件が
近年多数発生している日本で
この論旨。
この先も文章で身を立てようとされて居るんであれば、少しは社会的通念とかを身につけられることをお勧めします。
しかし、
これって、某大手音楽流通業のサイトですよね。雇う方も雇う方だし、掲載する方も掲載する方だし。

折角なので全文引用させていただきます。

http://www.bounce.com/interview/article.php/1081
オレンジレンジ - bounce.com インタビュー 
文/宮本 英夫


〈新人類〉である。って、いきなり死語からはじめてみたが、あまりにも屈託がなく、あくまでもあけっぴろげで、旧来のロック的な美意識に何のこだわりもないこのロック・バンドに対して、〈新人類〉と言わずに何と言うのか。デビューからわずか半年、4枚連続リリースしたシングルをすべてヒットに結び付け、ルックスの良さと沖縄出身という話題性も相まって、すでに人気は雑誌の表紙クラスである。しかし音楽的にあまりに雑多、顔は出まくっているのにその本質はいまだに〈謎〉という、不思議な存在感が非常に気になる。初アルバム『1st CONTACT』の完成を機に、目の前に座っているギターのNAOTOに、いったいORANGE RANGEの音楽的なポリシーとは何ぞや?と、直球のクエスチョンをぶつけてみる。

 「聴いてて気持ちいいものは、自分たちがやっても気持ちいい。それを採り入れたらもっと気持ちいい曲ができるから、聴いてる人もきっと気持ちいいだろうと。だから、いいものは参考にしてやったほうが、とっつきやすいし、いろんな人が聴けるし。たとえばこのメンバーの中に、本物の、めちゃくちゃロックが好きな人はいないんですよ。〈ロックに詳しいぜ〉とか、〈ファンクに詳しいぜ〉とか、そういう人は1人もいないから、自然にそうなってます。もともと音楽はあとからついてきたバンドだから、みんな手探りで、〈じゃあ、これとこれとこれを足そう〉とかやってる。とりあえず全部に触れておいて、参考にできるものは全部参考にしようと。オレたちの中の合言葉は〈パクろうぜ!〉です(笑)。まずはカヴァーするんですよ。で、ここをわかんないようにしようとか、ここ使ったらバレるだろ、とか話し合う(笑)」(NAOTO:以下同)。

 高田延彦の自伝並みにシュートな発言だが、マジかジョークかはともかく、そこにネガティヴな要素をまったく感じないのが何だか新しい。思うに、愛情に満ちた模倣と誤解の限りない積み重ねがロックという音楽である、とも言えるわけで、考えようによってはサンプリング思考である。それより何より、ORANGE RANGEの出す音が、そんな先入観を吹っ飛ばすほどにカラフルでキャッチーで吸引力抜群なのである。恐ろしく前向きな、ポジティヴな誤解をエネルギーに変えたアルバムである。

 「誤解というか、〈予想〉でやるんですよ。アルバムのアタマからいくと、予想の80年代ロック、予想のエレポップ、予想の映画サントラ、予想のディスコ、予想のテクノ、予想のアメリカン・メロコア、予想のブルース、予想のファンク、予想のレゲエ……(笑)。あきらかに、確信犯です」。

 デビュー・シングル“キリキリマイ”がヘヴィーなミクスチャー、セカンドの“上海ハニー”がナンパなディスコ・ロック、サードの“ビバ★ロック”が超キャッチーなアメリカン・ロック、そして4枚目の“落陽”が、哀愁味たっぷりのミディアム・スロウ、弦楽器入り。その延長線上にあるアルバムが、恐ろしくヴァラエティーに富んだものになっているのは、予想通りというか予想以上。ただ、アイドルっぽく見られるのはどう?と水を向けると、「ビートルズだって、アイドルだったけど音楽はちゃんとやってた」と返すあたりにホンネがチラリ。うん、彼らにはまだまだ、口で言う以上に奥深い何かがありそうだ。

 「今の原動力は、好奇心とミーハー心。流行りものが好き。しかも飽きっぽいから、どんどん変わる。自分たちでも、もし1年前にこのアルバムを聴いたら、〈こんなことやると思わなかった〉って言うはず(笑)。でも、それがおもしろい。もともと、こだわりの音楽がないぶん、それができるから良いと思ってます」。

[PR]

  by mtack | 2005-05-01 16:47 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< このままでは政権取れない 日本ではサマータイムは別に必要... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE