藤沢秀行『野垂れ死に』

って、ついに崩御あそばれたかと思ったらそうじゃなくて、そういう本を書かれているんですね。
こういう人に限って「野垂れ死に」なんて言いながら畳の上で亡くなったりするんでしょうか。
奥方も本書かれてるとは驚きましたが、NHK「にんげんドキュメンタリー」を見た限りではこの方の本も面白そうですな。
しかし、「嘘つかない」=「真面目」というのは、そりゃそうかも知れませんがねぇ。やはり「真面目」というのは積極的な誉め言葉ではないのかなぁなんて思いました。

藤沢秀行『野垂れ死に』。囲碁界最強の天才勝負師の人生は、ムチャムチャでござりますがな……!!
[PR]

  by mtack | 2005-05-21 04:56 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< Accoustic YMO と... 再協議」って何? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE