リディアンクロマティック、か

なんでもリディアンスケールにしちゃうのね。

リディアンクロマティックコンセプト入門講座(2)

ここの書き方だと自分には良くワカランので(注:単なる好みの問題)書き換えてみる。

key in C(Am) <#/b無し>:

Imaj:Cmaj = C Lydian <#1個>
VIm:Am = A Dorian [Amの短3度=C のLydian]<#1個>
IIm7:Dm7 D Dorian[Dm7の短3度=F のLydian]<#/b無し>
V7:G7 = G Mixo-Lydian[G7の短7度=F のLydian]<#/b無し> (同様に IIm7もV7の一部と考えればDm7= D Dorian、これは上記と整合)
VIIm7-5:Bm7-5 = B Loclian [Bm7-5の減5度=F のLydian]<#/b無し>
III7-9:E7-9 = E Phlysian [E7-9の短9度=F のLydian]<#/b無し>

要は、tonicの時は5th cycle1個分#側に回して、それ以外はキーと同じなのね。
って、普段自分がやってるのと大差ないじゃん。
[PR]

  by mtack | 2005-05-28 15:32 | musik

    zum Rangordnung    

<< メールか電話か或いは..... why registratio... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE