susto/菊地雅章

というわけで近頃話題の菊地成孔、じゃなくてこちらは菊地雅章(「まさあき」じゃないよ)。こちらでも大家的扱いですが、日本では最近はどうなんでしょうか。
20数年前にこれ聴いて、完全にやられました。「メロディ無い音楽」も平気になりました。といっても全然無い訳じゃなく、m3のGumboなんかある意味泣かせますよ、6拍子レゲエだけど。この曲って当時CMで使ってたのよね、ブリヂストンが。スゲー選曲、でも無茶苦茶ク−ルで格好佳い。あと冒頭の「Circle/line」に合わせて7拍子で10分超カッティングしてるとトリップ出来ます。ラストのm4だけはこのアルバムの中では異色な感じなんですが、こっちが寧ろ「地」だってことはあとで知りました。マイルス丸出し。
[PR]

  by mtack | 2005-06-01 06:23 | musik

    zum Rangordnung    

<< 便利そうですね。ピアス型のUS... 東京大学のアルバート・アイラー >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE