ミーム(meme)

何でもこれで説明出来てしまうような気になってしまう、と。

ミーム(meme)とは、文化が「変異」「遺伝(伝達)」し「選択(淘汰)」される様子を進化になぞらえたとき、遺伝子に相当する仮想の主体である。例として災害時に飛び交うデマ、流行語、ファッション、言語など、すべてミームとして捉えることができる。


なるほど、何か分かるような気が。術語としては大変便利というか危険というか。

ミーム - Wikipedia



ミーム
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミーム(meme)とは、文化が「変異」「遺伝(伝達)」し「選択(淘汰)」される様子を進化になぞらえたとき、遺伝子に相当する仮想の主体である。例として災害時に飛び交うデマ、流行語、ファッション、言語など、すべてミームとして捉えることができる。

ミームは、「進化論というアルゴリズムに支配される遺伝子」というパラダイムの、文化への適用という形で提案された。「利己的な遺伝子」(リチャード・ドーキンス 1976)で始めてこの語が用いられ、定着した。ドーキンスは「ミーム」という語を文化伝達や模倣の単位という概念を意味する名詞として作り出した。模倣を意味するギリシャ語の語根 mimeme から遺伝子 gene に発音を似せてミーム meme としたという。以降、進化論・遺伝学で培われた手法を用いて文化をより客観的に分析するための手段として有用性が検討されている。

訳語としては 摸倣子、摸伝子、意伝子 がある。

文化が遺伝子のような単位で伝達されるという考え方はドーキンス以前にもあった。旧制度学派経済学者のヴェブレン Veblen は社会や経済の進化がダーウィン的だという考え方を持っていた。人類学者クロークは、1975年に断片的な「文化的な指示」を人々が模倣しあうことで文化が伝達されると考えた。最近では、イギリスの生物学者ジュリアン・ハクスリーやドイツの生物学者リヒァルト・ゼーモンらも、20世紀初頭に類似の概念を提唱していたことが指摘されている。とくにゼーモンは1904年に「ムネーメ mneme」という用語を提唱している。さらに歴史をさかのぼると、18世紀の啓蒙思想による社会や文化の進歩思想の影響が大きい。もともと生物の進化論は社会の進歩論を自然界に適用したものであり、ミームの考えかたは、進化生物学経由でもういちどこの考えかたが社会現象や文化に回帰してきたとみなすこともできる。
また、ミームなどの文化的な複製子による文化の進化と遺伝子による人間の生物的な進化とが相互に影響を与えあって共進化するという考え方(二重伝承理論)が、ロバート・ボイド Robert Boyd とピーター・リチャーソン Peter Richerson によって1985年に提唱され、注目を集めた。 日本では佐倉統(東京大学情報学環)などが研究している。
目次 [表示非表示]
1 いくつかの定義
2 類語
3 派生語
4 関連記事
[編集]

いくつかの定義

「ミーム」の概念は必ずしも定義が確定しているわけではなく、論者によって、また同じ論者でも研究の発展に応じて、その指し示す対象にはずれがあるので注意が必要である。ここではいくつかの定義を例示する。

* a unit of cultural imitation (Dawkins, 1976)
* a unit of information residing in a brain (Dawkins, 1982)
* units of culturally transmitted instructions (Dennett, 1995)
* an influential and replicable unit of information in the mind (Brodie, 1996)
* actively contagious ideas (Lynch, 1996)
* behavioural instructions stored in brains and passed on by mutation (Blackmore, 1999: 邦訳106ページ)

出典:Geoffrey M. Hodgson (2001) "Is Social Evolution Lamarckian or Darwinian?", in Laurent, John and Nightingale, John (eds) Darwinism and Evolutionary Economics (Cheltenham: Edward Elgar), pp. 87-118.
原文(一部相違あり) (http://www.psych.lse.ac.uk/complexity/StudyGroups/StudyGrup_with_GHodgson.htm)

Oxford English Dictionary に項目有り。
[編集]

類語

* 文化遺伝子 (culturgen) (Lumsden and Wilson, 1981)

[編集]

派生語

* ミーム型 memotype
* ミーム学者 memeticist
* ミモイド memeoid (memoid)
* レトロミーム retromeme
* メタミーム metameme
* ミーム複合体 memeplex (coadapted meme complex)

(出典:リチャード・ドーキンスの『ミーム・マシーンとしての私』(スーザン・ブラックモア著垂水雄二訳、草思社)への序文)
[編集]

関連記事

* 適応度
* 包括適応度

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%A0" より作成

カテゴリ: 生物学 | 心理学
[PR]

  by mtack | 2005-06-03 05:19 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< Frankie Goes To... 決まったわけではないんですね?... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE