BAR,ついにFIAの陰謀から逃れるときが来るか?

カナダGP予選、バトンがポール、琢磨は6位。
「今期無得点のチームが驚異の周回!」(formula1 live timing)、って、おまえらどの口がそんなこと言うんじゃ!?
まぁそれはさておき、Schumi2位、アロンゾ3位、BMW中位、
今週末は何かが起きる?
期待してレースを待ちますか。

Nifty F1: ポールポジションはバトン! 佐藤琢磨6番手



ポールポジションはバトン! 佐藤琢磨6番手

カナダGP公式予選はB.A.R・ホンダ・チームのジェンソン・バトンが去年のサンマリノGP以来、自身2度目となるポールポジションを獲得した。

2番手にこのコースで7勝を挙げているフェラーリのミハエル・シューマッハ。
最後に走ったランキング首位のアロンソ/ルノーは3番手に留まった。

以下、フィジケーラ/ルノー、モントーヤ/ウィリアムズ、佐藤琢磨/B.A.R、ライコネン/マクラーレン、地元で観客の大きな歓声を受けて力走したビルニューブ/ザウバーの順。

フェラーリのバリチェッロのほうはアタック前のラップでエンジントラブルか白煙を上げてストップ。ノータイムとなった。
[PR]

  by mtack | 2005-06-12 04:17 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 見ましたよ、WWDCのJobs... マニュアル(用語辞典)作り、何... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE