採算度外視でとにかく市場へ!

むかし自分、インサイトってのに乗ってたんですけどね。
あれも売れば売るほど赤字だそうですが、
今度のはケタが違うなぁ、1台数億円ですって。
で、リース料が月500ドル、えらい安い、ってほかの車と比べれば高いんだろけど。

こういうのなんかえらいよなぁ、こういうことするからファンが減らないんだよ。いや、好いことなんですけどね。
普及すればコストも下がるだろうけど、採算取れるようになるのはいつのことでしょう、でもがんばってくださいな。

<ホンダ>燃料電池車を世界で初めて一般家庭に納車 | Excite エキサイト : ニュース



"<ホンダ>燃料電池車を世界で初めて一般家庭に納車 [ 06月30日 18時35分 ]
毎日新聞社
 【ワシントン木村旬】ホンダは29日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで、走行時に排ガスを出さず、次世代環境車の本命とされる燃料電池車「FCX」(4人乗り)を世界で初めて一般家庭向けに納入した。

 2年間のリース契約でリース料は月500ドル(約5万5000円)。1台数億円とされる製造コストからすると格安だが、各社が開発を競う燃料電池車で成果をアピールするとともに日常生活に利用した際の性能などを確認する狙いもある。

 契約したのは、ロサンゼルス近郊に住む会社員、ジョン・スパリーノさん(39)。以前からホンダの顧客で、環境問題に関心が高いことから選ばれた。4人家族のスパリーノさんは「通勤したり、子供と出かけるのが楽しみ」と話した。

 燃料電池車は、水素と酸素を化学反応させ、発生した電気で走る。スパリーノさんは、自宅近くにあるホンダの研究所で燃料の水素の補給を受ける。水素の料金は満タン(3.75キログラム)にして7.5ドルと安く設定し、満タンで約300キロメートル走れるという。 "
http://www.excite.co.jp/News/economy/20050630183500/20050701M20.015.html
[PR]

  by mtack | 2005-07-01 02:18 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< あ、アンドレッティだ。....... 要するに「遅くして安全にしよう... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE