誰が使うのか、ソニー一眼レフ

サイバーショットが一眼レフに? それってどういう商品コンセプトなんでしょうか?? 狙い目が判らん.......
一眼レフデジカメって、報道とかのプロカメラマンにとっては有用性大きいでしょうけど、それ以外の層に「ソニーの一眼レフデジカメ」をどう訴求するのか(プロカメラマンが「サイバーショット」を仕事に使う所は想像できない).......?
それとも、コニカミノルタがソニーブランドを活用してデジカメ事業にテコ入れ、ってこと?

FujiSankei Business i. 総合/ソニーも一眼レフ コニカミノルタと共同開発(2005/7/20)



ソニーも一眼レフ コニカミノルタと共同開発
FujiSankei Business i. 2005/7/20  
 ソニー(東京都品川区)は19日、コニカミノルタフォトイメージング(東京都新宿区)と共同で、デジタル一眼レフカメラを開発し、同市場へ参入すると発表した。来年夏にも第1弾の製品をそれぞれのブランドで市場に投入する。

 デジタルカメラの国内市場は、コンパクト型の普及が一巡したのに対し、一眼レフタイプはここ1、2年で急拡大しており、同市場で生き残るには一眼レフへの参入が不可欠と判断した。

 今年1月には松下電器産業(大阪府門真市)もオリンパス(東京都新宿区)と組んで一眼レフに参入することを表明している。ソニー、松下の2大家電メーカーが一眼レフに参入することで、キヤノン(東京都大田区)とニコン(東京都千代田区)の光学系メーカーが先行する同市場の競争が一段と激しくなりそうだ。

 ソニーとコニカミノルタは、自動焦点や自動露出、センサーといった一眼レフに欠かせない技術を相互に補完。加えて、アナログカメラ用を含めて累計1600万本を販売したコニカミノルタの交換レンズを利用できるようにして、他社製品に比べ優位に立つ考えだ。

 ソニーは、画像処理や撮影用半導体、電池などの小型・軽量化に強い技術をもち、コンパクト型で2004年度は1400万台を販売し、世界シェアは約23%でキヤノンに次ぐ2位だが一眼レフは生産していなかった。同社はコニカミノルタの高い技術を取り込み、デジカメ事業の基盤を固めたい考えだ。

 一方、コニカミノルタは価格競争などでデジカメ事業の採算が悪化しており、一眼レフを中心とする高付加価値商品に事業の対象を絞り込んでいる。
[PR]

  by mtack | 2005-07-21 01:53 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< ローバーよ何処へ行く 排ガス吸って、旧東独からも本田... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE