フレーズが出てこない、とは良く言われるが

アドリブとかインプロヴィゼーションとかで、
「フレーズが出てこない/思いつかない」、とは良く言われるが、
自分はあまりそういう思いをしたことがない。(反面、指が思うように動かない、音が当たらない、と思うことは毎回なのだが。汗)
別に自分が天才だとか言ってる訳じゃなく、「フレーズ」にあんまり興味ないのかも。演奏しているときに自分のフレーズなんか聴いてない、自分は。
考えてることと言えば「周りとどう絡むか、反応するか」と「どういう音場/音の流れを設定するか」、あと「どういう感じの演奏にするか」と言うことくらい、かな。
一つ目はオーネットコールマンがプライムタイムをやっているときに「周りの音を自分が翻訳して要約して出している」という方法論に影響されている、と考えられよう。2つ目はモードとかスケールとかキーとか、まぁそういうこと。
あと、自分には「感情を楽器で表現する」とか「演奏にメッセージを込める」というのがよく分からない;「感覚を〜」というのなら分かるが。喜怒哀楽を楽器で表現しようとは自分は思わない。曲の持つ雰囲気とか固有のサウンドとか、そういうのを表現したい。
上記のように考えているから、「独奏」「ソロギター」(ここでは曲全部を1人だけで演奏すること)が出来ないのかしら。自分にとっては音楽は「合奏」なのよね。
[PR]

  by mtack | 2005-07-23 16:58 | musik

    zum Rangordnung    

<< こんどは「DreamBandB... ついに人民元切り下げ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE