日本チーム全車入賞;F1ハンガリーGP


今日は本当に久々に上位でのバトルが観られた、充実したレースだった。序盤はSchumiとライコネン、終盤はschumiとRalfの兄弟対決。結局この3車がボディウム。序盤はモントーヤも首位争いに絡んでいたけれどまたも謎の失速、この辺がルノーチームとの差か...といつもなら言う所だが、ルノーは2台ともスタート直後のトラブルに巻き込まれ両者とも完走しながら無得点。
そして特筆すべきは日本車全車ポイントゲット、特に3位のラルフは終盤兄を追い上げ見せ場を作ってくれました、あと5週あったら抜けたかも。以下4位トゥルーリ、5位B.A.Rのバトン、6位ウィリアムズのハイドフェルド、7位同じくウェバー、そして8位にB.A.Rの佐藤琢磨、待望の悲願の今季初ポイント獲得。この辺は割と皆さんそれぞれに一人旅というか無傷のレース運び。
悲惨だったのはレッドブル、2台とも10秒くらいでレース終了。
とにかく今日の殊勲賞はラルフ君ってことで。

ライコネン、ハンガリーGP優勝!
Nifty F1




ライコネン、ハンガリーGP優勝!

k_raikkonen_handハンガリーGPはマクラーレンのキミ・ライコネンが優勝、今季4勝目を挙げた。
2位は弟ラルフに追い上げられながらも最後まで踏ん張ったミハエル・シューマッハ。
ラルフはトヨタ移籍後初めての表彰台ゲットだ。
4位もトヨタのトゥルーリ、5位B.A.Rのバトン、6位ウィリアムズのハイドフェルド、7位同じくウェバー、そして8位に今季初ポイント獲得を果たしたB.A.Rの佐藤琢磨。

ランキング首位のアロンソは初めてノーポイントに終わり、これでライコネンとのポイント差は26ポイントに縮まった。

Jul 31, 2005 | Permalink | トラックバック (5)
マクラーレン、またもトラブルに見舞われる

40周目(全70周)、トップを追って2位走行中のモントーヤ(マクラーレン)が突然のスローダウン。
マシンはピットに戻ったがそのままガレージに入れられた。
レース前、シフト関連にトラブルという話もあり、疑われている。

現在、トップはライコネン、以下ミハエル、ラルフ・シューマッハ、トゥルーリ、バトン、ハイドフェルド、そして7位に佐藤琢磨。

ザウバーのマッサはオーバーヒートかピットで煙を吐いてストップした。(また再走)
[PR]

  by mtack | 2005-07-31 23:10 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 壮大な賃金清算計画;マクドナル... 独逸的カラ弾き >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE