なんだ、便器をネット販売するんじゃないんですね:「toto」27日からネット販売

なんだ、便器をネット販売するんじゃないんですね
(本気でそう思ってしまった)。
大体そっちのTotoだったら「存亡の危機」ってのはあり得ない、ね。

FujiSankei Business i. 総合/「toto」27日からネット販売 存亡の危機“一蹴”へ(2005/8/24)



「toto」27日からネット販売 存亡の危機“一蹴”へ
FujiSankei Business i. 2005/8/24  TrackBack( 1 )

Click here to find out more!
 サッカーくじをインターネットで販売-。
 文部科学省の外郭団体である独立行政法人日本スポーツ振興センターは二十三日、プロサッカー「Jリーグ」の試合の勝敗予想をするスポーツ振興くじ「toto(トト、通称・サッカーくじ)」のインターネット販売を開始すると発表した。

 インターネット専業銀行のイーバンク銀行(東京都千代田区)と提携し、二十七日発売の第百八十回totoから購入を受け付ける。二十四時間いつでもどこからでも購入できるようにし、販売不振の現状を打破する起爆剤とする方針だ。

 購入者はイーバンクで口座を開設し、同行のホームページでチケットを購入する。購入代金と当選金は購入者の口座から

自動的に引き落とされ、入金

される仕組み。同行は、初年度三万口座の開設を見込んでいる。

 totoの売上高は、二〇〇一年シーズンの六百四十二億円をピークに減少し続けており、〇四年シーズンは百五十六億円と約四分の一にまで激減。百六十三億円の運営コストを下回り、存亡の危機に立たされている。

 このため振興センターは今シーズンから再生へ向けて抜本的な改革に取り組んでいる。高杉重夫理事は同日の会見で、「ネット販売は“ニューtoto”へ大変身する第一歩。改革への重要なさきがけだ」と意気込んだ。

                  ◇

 ≪toto(スポーツ振興くじ)≫ スポーツ振興を目的に、2001年3月からtoto(トト)の愛称で全国発売。totoは、イタリア語でサッカーくじを意味する「トトカルチョ(totocalcio)」から引用した。日本でも通称は「サッカーくじ」という。プロサッカーJリーグの試合結果を予想する投票券を1口100円で発売。売り上げの50%を払戻金、15%を経費とし、残る35%をスポーツ施設の整備やオリンピック選手育成の助成金として使う。2004年度までに累計約90億円を助成した。
[PR]

  by mtack | 2005-08-24 15:37 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 洪水被害拡大=>また増税かなぁ 最高級車種の「エントリーモデル... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE