日本の翌週はドイツ

なんかドイツも日本と似たような状況になってきました。

<ドイツ総選挙>9月18日実施が確定 違憲の訴え棄却 | Excite エキサイト : ニュース



<ドイツ総選挙>9月18日実施が確定 違憲の訴え棄却 [ 08月25日 19時37分 ]
毎日新聞社
 【ベルリン斎藤義彦】ドイツの憲法裁判所は25日、前倒し総選挙について、連邦議会議員2人が起こしていた違憲との訴えを「理由がない」として棄却、合憲との判断を下した。これで前倒し総選挙は9月18日に実施されることが確定した。さらに判決は、解散を目的とした信任投票を公認したため、今後、首相は任期中の解権権を事実上得るようになり、ドイツの政治スタイルが変わる可能性も出てきた。

 シュレーダー首相が実際には連邦議会で多数を維持しているにもかかわらず「過半数維持が難しくなった」として、7月1日の信任投票で故意に過半数を割り、ケーラー大統領が解散を決めた点について、同裁判所は「過半数維持が困難かどうかの判断は首相の個人的な予測による」とした。首相に大きな裁量権を認め解散を合憲とした。

 独憲法は、首相が信任投票で過半数をとれないか、首相が辞任し、後継者も多数が得られない場合に限り、大統領が議会を解散できるとしている。
[PR]

  by mtack | 2005-08-26 01:56 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 波田陽区、本当にアメリカでライ... 洪水被害拡大=>また増税かなぁ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE