松山容子って結局誰だか知らんけど

松坂慶子にそういえばにてるかなぁ少し。
#例のパッケージの絵だけが判断材料ですが

どうせ絵を変えるんなら、
カレー自体の絵も変えてください(あの絵はあまり旨そうに見えない)。

ボンカレーって子供の頃は食べたけど、
大人にはあの「辛く無さ」はつらいんだよなぁ。
もうちょっと辛ければねぇ。

松坂慶子がボンカレーになる!“初代”松山容子からバトン
Excite エキサイト : 芸能ニュース




松坂慶子がボンカレーになる!“初代”松山容子からバトン [ 08月27日 08時05分 ]
サンケイスポーツ

 女優の松坂慶子(53)が29日から全国で発売されるレトルトカレー「ボンカレー」の“顔”になることが26日、発売元の大塚食品から発表された。

 「ボンカレー」といえば、昭和43年の発売当時、剣劇女優として大人気の松山容子(当時30歳)が和服を着てニッコリ微笑む姿が収まった箱が有名。37年ぶりの復活となる新商品「ボンカレークラシック」のパッケージは、松坂が和服を着て松山をほうふつさせるイメージに仕上がった。

 同商品は、にんじんやりんごなど30種の野菜と果物にほぐした牛肉入りで、うまみ調味料は使わず、「原点に返り手間をかけて作るお母さんのカレーをめざした」(広報部)。220グラム入り294円。

 松山は男装の美女剣士を演じた36年の「琴姫七変化」でブレーク。最近は舞台などに出演している。
[PR]

  by mtack | 2005-08-29 18:02 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 軽商用車でハイブリッド iPod関連供給旺盛 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE