BMWもハイブリッドやるんですなぁ

欧州自動車メーカーでハイブリッドを手がけると言うのはあまり聞かないんですが。(欧州では「環境に配慮=ディーゼル」と言う感じ)
しかも商売敵ともいえるクライスラーと組んで。
本気度合いが伺える、と見てよいのでしょうか。しかし今からやるんじゃ市場投入はいつになるのか....お手並み拝見。


BMW、ハイブリッド技術で提携[車輌]
アジア・欧州経済情報/NNA: Global Communities




"BMW、ハイブリッド技術で提携[車輌]
BMWがハイブリッド技術の開発でライバルのダイムラー・クライスラーと手を組んだ。7日、ダイムラーと米ゼネラルモーターズ(GM)の共同プロジェクトに合流すると発表した。この分野で先行するトヨタ自動車やホンダといった日本勢に対抗する狙い。



ハイブリッドは従来型のエンジンと電気モーターを併用し、二酸化炭素(CO2)などの排出量を低減させる技術。ダイムラーとGMは昨年12月、提携することで基本的に一致しており、先月後半に正式合意にこぎつけている。

従来の技術よりも加速力と燃費を共に25%向上させ、広範な車種への搭載を目指す。GMは2007年後半にシボレー「タホ(Tahoe)」、GMC「ユーコン(Yukon)」といったスポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)に採用、ダイムラーは米クライスラー部門のダッジ「デュランゴ(Durango)」やメルセデス・ベンツの後輪駆動車に取り入れる計画だ。

3社は米ミシガン州に研究・開発センター(R&D)センターを設立する。

■高級車2社、販売好調

同社はこの日、8月の世界販売台数を発表した。グループで9万9,193台と前年同月比23.2%増加。主力の「BMW」が8万5,079台と23.9%伸ばしたほか、「ミニ」が19%増の1万4,055台となっている。今年に入ってからの累計は、全体で85万6,731台と11.4%のプラスだった。

需要拡大は新製品の投入効果が大きい。3月にモデルチェンジしたBMW「3シリーズ」は単月で2万4,169台を売り上げ、前年実績を48.4%も上回った。同じく新たな装いで登場した「7シリーズ」は29.3%増の4,456台だった。

昨年9月に発売した同ブランド初のコンパクトカー「1シリーズ」も好調を維持。約1年で13万6,246台が売れたという。

一方、ライバルのメルセデス・ベンツも復調している。ダイムラーは6日、8月の同ブランドの販売台数が7万9,200台となり、前年同月比15%増加したと明らかにした。特に足元のドイツが上げ潮で、2万5,800台と20%拡大。米国でも7%増の1万9,300台と過去最高を記録した。

超小型車の「スマート」や最高級ブランド「マイバッハ」を合わせたメルセデス・カーグループ全体では、8万6,600台と12%の伸び。年初からの累計台数は76万800台に上り、0.1%ながら今年に入って初めてプラスを確保した。

販売促進の原動力となったのは、こちらも新モデルの展開だ。SUV「Mクラス」やマルチ・パーパス・ビークル(MPV)「Rクラス」、フォルクスワーゲン(VW)の「ゴルフ」と競合する「Bクラス」などが好調だった。新型エンジンを搭載した「Eクラス」も需要が盛り上がったほか、小型車「Aクラス」の人気も根強い。 "
http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/freetop/top/free_dem_daily.html
[PR]

  by mtack | 2005-09-08 17:22 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 星野が行かないと巨人戦視聴率は... ドイツが原油価格高から受ける影... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE