星野が行かないと巨人戦視聴率は上がらないのか

巨人戦視聴率、どん底へ向けてまっしぐらですなぁ。
しかし、誰かを外部招聘してチームを立て直す、と言う姿勢がそもそも間違いの元、今のテイタラクを招いているんじゃないでしょうか。
ちゃんと生え抜きの選手を育てていかないと、「常勝巨人」は二度とありえない気がします。
要は、フロントが悪い、ナベツネが悪い。と考えます。

巨人戦視聴率5%割る…最低更新4.6% | Excite エキサイト : ニュース



"巨人戦視聴率5%割る…最低更新4.6% [ 09月08日 17時05分 ]
夕刊フジ

 7日、フジテレビで放送されたプロ野球中継「ヤクルト対巨人」の平均視聴率が、4.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)と調査を始めて以来、最低となった。8月17日、TBSが中継した対中日戦5.0%を更新した。

 この日の同時間帯では、テレビ朝日の「サッカー・キリンチャレンジカップ 2005日本対ホンジュラス」が20.7%、テレビ東京の「いい旅・夢気分」が12.6%-などで、巨人戦視聴率の低さが際だった。

 試合は、巨人が3回を除き毎回ヤクルトに点を入れられ、3-14と大惨敗。スタンドもガラガラの状態だった。

 対するサッカーは、日本が一時は2-4と苦しみながらも、5-4と大逆転勝利。次から次へと得点する展開で、視聴率を押し上げた。

 8月に放送した巨人戦ナイターの平均視聴率は7・2%で、ビデオリサーチが月別の集計を始めた平成元年以降で最低だったが、巨人の優勝が絶望的な現状では、下げ止まらない格好。

 もはや、巨人戦視聴率のテコ入れは、星野仙一阪神SDの巨人入りに絞られそうだ-。"
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20050908170505/Fuji_EN_320050908031.html
[PR]

  by mtack | 2005-09-08 18:28 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< アヴォイドノートって BMWもハイブリッドやるんですなぁ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE