デジタルダウンロードが値上がりすれば、利用者は海賊行為に戻るだろう

かのスティーブジョブス様のお言葉。

彼のお言葉と言えば最近卒業祝賀スピーチというのもあったけど、
今回はもっと実利のある?話。

日本でもSMEがiTMSに加わりそうだし、この動き加速して欲しいです( そうしないと日本の音楽が買えないのよね)。
アップル、レコード会社の音楽配信料金値上げをけん制 | Excite エキサイト : ニュース



アップル、レコード会社の音楽配信料金値上げをけん制 [ 09月21日 14時52分 ]

 9月20日、アップルコンピュータのスティーブ・ジョブズCEOはデジタルダウンロード料金が値上がりすれば利用者は海賊行為に戻るだろうと警告(2005年 ロイター/Charles Platiau)
[ 写真拡大 ]
 [パリ/ロンドン 20日 ロイター] 米アップルコンピュータのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は20日にパリで記者会見し、楽曲のダウンロード料金値上げを検討するレコード会社があるとすれば、それは「欲張りだ」と述べ、デジタルダウンロードが値上がりすれば、利用者は海賊行為に戻るだろうと警告した。
 レコード会社は現在、アップルの音楽配信サービス「iTunes」を通じて販売される楽曲の1曲当たり料金を米国で99セント、英国で79ペンスとしているが、アップルとの契約更改の時期が近づいており、料金見直しを検討し始めた。
 ジョブズCEОは、「彼らが値上げを望んでいるのなら、それは彼らが欲張りになっているということだ」としたうえで、「値段が上がれば、彼ら(消費者)は海賊行為に戻り、皆が損をする」と指摘した。
 過去5年にわたり音楽の違法コピー拡大に悩まされ続けたレコード会社は、音楽販売がCDから合法的ダウンロードにシフトする中、事業モデルの再構築で遅れをとっている。
 世界の音楽アルバム販売のうち約4分の3をビベンディ傘下のユニバーサル・ミュージック、ソニーBMG[BERT.UL]<6758>、EMIグループ、ワーナー・ミュージックが占めているが、ダウンロード料金設定を巡る考え方は必ずしも一致していない。
[PR]

  by mtack | 2005-09-22 02:41 | musik

    zum Rangordnung    

<< 衆参、何故下上....? いや、まだ決着ついてないですか... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE