マック・ザ・ナイフ~エラ・イン・ベルリン

恥ずかしながら今頃になって初めて聴きました。ついでにこれも最近知りましたが、タイトル曲「マック・ザ・ナイフ(モリタート)」って独逸の曲なのね。

と言う訳でステージ終盤に歌われるこの曲、当然バカ受け。それというのもそれまでの歌いっぷりが凄いからね。冒頭からスキャット全開、随所に鏤められる引用フレーズ(how high the moon に somke gets in your eyes入れたりとか)、サッチモ風フェイク、そしてバラードはしっとり。佳い意味でやりたい放題。それよりも何よりも、スウィング感というかドライブ感というか、最高です。いやー、これは格好良いわ。
ついでに言うと、顔はごついけど(失礼)声は結構かわいいです(一部例外有り、ってその変幻自在なところがまた佳いんだけど)。



Setting Up The Stage: Tuning Up; Granz and Fitzgerald Talking
That Old Black Magic(Harold Arlen & Johnny Mercer)
Love Is Here to Stay(George Gershwin & Ira Gershwin)
Gone With the Wind(Allie Wrubel & Herbert Magidson)
Misty(Erroll Garner & Johnny Burke)
Applause and Fanfare Interlude
The Lady Is a Tramp(Lorenz Hart & Richard Rodgers)
Fanfare and Announcement
The Man I Love(George Gershwin & Ira Gershwin)
Love for Sale(Cole Porter)
Just One of Those Things(Cole Porter)
Summertime(DuBose Heyward, George Gershwin & Ira Gershwin)
Too Darn Hot(Cole Porter)
Applause and Fanfare Interlude
Lorelei(George Gershwin & Ira Gershwin)
Mack the Knife(Bertholt Brecht, Kurt Weill & Marc Blitzstein)
Fanfare and Announcements
How High the Moon?(Morgan Lewis & Nancy Hamilton)
Applause and Closing Fanfare
[PR]

  by mtack | 2005-09-24 22:56 | musik

    zum Rangordnung    

<< 練習24Sep:引き続きLCC絡み 流れ出したら音楽はすごく速い ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE