blogは自己中?

やっぱり自分中心の動機が多いんですね、ブログをやるのって。まぁ米国の調査ではありますが日本でもそう大差はないでしょうきっと。

しかし
「自分の考えや感情を人と共有したい」と答えた人が54%、
「自分の生活や興味の対象を記録したい」とした人が43%などで多数派だった。

これって「癒し」かなぁ。まぁそうともいえるか。
こういう動機が多いんだったら、SNSが流行るのも判る気がしますわな。
しかし米国では「営業目的のblog」ってメジャーじゃないのかしら。

ブログを書く目的は「癒し」 | Excite エキサイト : ニュース



ブログを書く目的は「癒し」 [ 09月27日 18時05分 ]
Hotwired Japan

 米アメリカ・オンライン(AOL)社が16日(米国時間)に発表したブログ利用に関する調査『ブログ・トレンド調査』によると、ブログ開設者のほぼ半数が“癒し”を求めてブログを書いており、政治、ニュース、ゴシップなどの動機を上回っているという結果だった。

 ブログを書いているネットユーザー600人に、ブログを書く理由や内容を質問した結果をまとめた。それによると、ブログを書く理由として「自分の考えや感情を人と共有したい」と答えた人が54%、「自分の生活や興味の対象を記録したい」とした人が43%などで多数派だった。

 また、助けが必要な時や大きな心配事がある時は、「それをブログに書くか、似たような体験をしている他人のブログを読む」という回答が31%で、トップの「家族や友人にアドバイスを求める」(32%)とわずか1ポイント差だった。「専門家にカウンセリングを頼む」とした人は5%しかいなかった。

 一方、「ジャーナリズムに興味がある」は16%、「ニュースを発信したり、ゴシップなどの最新の話題に先んじたい」は12%、「政治に関する情報を公開する」はわずか8%で、外向き志向の人は意外に少なかった。

 全体に、個人の日常や思考・感情を共有して“癒し”を得るための私的な道具として、ブログを利用する人が多いことがうかがわれる。調査は、AOL社の委託を受けた米デジタル・マーケティング・サービシズ(DMS)社が実施した。
[PR]

  by mtack | 2005-09-27 18:54 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< ソニー、1万人を追加削減--エ... カレーライスのルーは右派? 左派? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE