最初からそれが狙いだったのでは、杉田かおる

杉田かおるが大河ドラマを蹴った、と。

本人的には、こうすれば話題になって、色物タレントとしてのハクも付くしオイシイ、
って感じなんではと勘ぐってしまうんですが。

しかしこいつが自分と同い年とおもうとなんかイヤ。

三流タレントにナメられたNHK大河ドラマ
Excite エキサイト : 芸能ニュース




"三流タレントにナメられたNHK大河ドラマ [ 10月02日 10時00分 ]
ゲンダイネット

「NHKも落ち目になったものだね」——。

 テレビマンの間ではこんな話がささやかれている。来年のNHK大河ドラマ「功名が辻」に出演するはずだった杉田かおる(40)がいきなり降板を申し入れたからだ。

 杉田は山内一豊の同僚・堀尾吉晴の妻・いと役をやる予定だったが、雨で延期になった初収録ロケの代替日の都合がつかず、杉田サイドから降板を申し入れたという。

 しかし、大河ドラマの撮影スケジュールが厳しいことくらい杉田だって分かっていたはず。周辺では「裏で何かあったのでは」という声も上がっているが、決定的な理由はやっぱりカネだという。

「大河は週に3、4日も拘束されるけど、民放に比べてはるかにギャラが安い。脇役で大河に出ても割に合わないと判断したのでしょう」(テレビ関係者)

 これまでも、撮影途中で大河ドラマを降板したケースはある。渡哲也(74年)と萩原健一(91年)は体調不良。北大路欣也(93年)と島田楊子(94年)はスケジュール調整がつかなかった。

「降板しているのは“大物”ばかりで理由も納得できました。杉田のようなバラエティータレントに“ギャラが安い”なんて理由でドタキャンされたのは初めてで屈辱的な出来事です」(放送記者)

 そもそも、大河ドラマは拘束時間が長いのが当たり前で、それを理由にしたのもまれ。ギャラが途中降板の理由になったこともない。

 NHKもナメられたものだ。"
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20051002100005/Gendai_18176.html
[PR]

  by mtack | 2005-10-03 02:17 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 独逸総選挙、本当に終わりました、が これはまたウマい商売考えつきま... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE