全体には非常に面白いレースだった、F1鈴鹿GP、しかし....

アロンソがSchumiを二回抜いたり、ライコネンの終盤の鬼の追い込みがあったり。
フィジケラは.....今度こそ行けるかと思われたけど....もうチョットでしたなぁ。
ラルフは何が悪かったのかよく分からないけれどポールを生かせず。マークウェバーも頑張ったけど同じくもうチョット。
結果的には17位からスタートした人がチェッカー、抜きにくいなんて言われる鈴鹿でそんなことがあって佳いんでしょうか。
しかしアロンソも「もうこれで攻めに行ける」とのお言葉通り、ライコネンには一歩及ばなかったけれど、同様にお見事でした。
で、期待の琢磨は......ある意味彼の今後の生涯が掛かった一戦だったわけですが.....ま、こういうことです↓orz.......

Nifty F1: 佐藤琢磨、レース結果から除外



佐藤琢磨、レース結果から除外

日本GP決勝レースにトヨタのヤルノ・トゥルーリと起こしたアクシデントにより、FIAのレース・スチュワードは佐藤琢磨(B.A.R)に対してレース結果から除外する処分をくださた。

Oct 09, 2005 in F1 |
[PR]

  by mtack | 2005-10-10 05:39 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< アンゲラ・メルケル独逸初女性首... 耐えきれずund最後だと思って >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE