楽器と脱力.....

>ジャズはBPMが速いって事。(中略)へヴィメタでギターを速く弾かなくてはならないみたいなものだ(違うかな) 
イヤ、違わないでしょう(爆)、ぁ、どうかなぁ(後述)。但し、速さは必要であるが十分ではない、当たり前だけど。と言って自分はあんまり速くないけど(汗)。

>どんな楽器でも重要なのは"脱力”だ
脱力かぁ。
ギターの速弾きで言えば2種類あって、「必要十分な力だけ入れる」というものと「とにかく気合いで速くする」と言うもの。前者はメセニーとかヴァンヘイレンとかで、速いけどそれを余り感じさせない。後者は...例示はやめときましょう(笑)。速さを手段とするためには前者が望ましいのは言うまでもない。
でも、「軽く弾けてる」と感じるときは適宜に力抜けてるかなぁ、確かに。
そう言う意味で(或いはさっきの2種類の意味で)、「弾きにくい楽器で練習する」と言うのには賛否両論あるけれど、自分的には「標準的にセットアップされた楽器で練習する」のが一番佳いんでは、なんて思ってみたりなんかしちゃったりして。

日本人にテナー・サックスは無理? その2: no more spicy life… text by nori (qgt)
[PR]

  by mtack | 2005-10-12 06:00 | musik

    zum Rangordnung    

<< 笑点の司会は交代 今度こそ「タテジマをヨコジマに... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE