アロンソ完勝&ルノーもコンストラクターズタイトル;F1最終戦中国GP

結局アロンソがポールtoウィン。フィジコは頑張ったけどチョットやっちゃってペナルティ、惜しくも4位。
片やマクラーレン2台は、ライコネンは問題なく2位、モントーヤは......あれは結局コースの整備不良ってことなんでしょうか、縁石が浮いてるところに乗り上げちゃってタイヤ破損、その後も復調せずリタイヤ。なんか割喰っちゃった感じですなぁ。
今日のSchumiは,一体あれはなんなんだったんでしょうか、フォーメーションラップで謎の進路変更でアルバースを巻き添えにしてピットスタート、その後もパッとせず中盤セーフティーカーの走る中!謎の単独コースアウト、並のドライバーだったらペナルティ&クビなんじゃないでしょうか。
そんな中レースを盛り上げてくれたのが3位ラルフ、5位クリエン(レッドブル)6位マッサ(ザウバー)、こいつら一体いつピットインするんだろうと思わせながらのバトル(特にクリエンとマッサ)、残り10周くらいでピットイン、見事奏功してこの結果。ああいうやり方もあるんだなぁ、焦ってピットインしなければフィジコもペナルティ食らわずに済んだかも知れないし(謎)。
HONDAは、バトンがこれと言った見せ場もなく予選5位から8位完走、
琢磨は.....奇跡のスタートダッシュ、かと思いきやこれが文字通りのジャンプスタート(つまりフライング)でペナルティ、その後セーフティーカーの走る中、謎の失速。終了。来年はあるんでしょうか?


Nifty F1: アロンソ、今季最多勝で最終戦を締めくくる



アロンソ、今季最多勝で最終戦を締めくくる

2005年最終戦・中国GPはルノーのアロンソがポールTOウィン。
今季7勝目を挙げてマクラーレンのライコネンと並び今季最多勝を記録、ルノー・チームのコンストラクターズ・タイトル獲得に華を添えた。

2位はマクラーレンのライコネン、3位はトヨタのラルフで、4位となったフィジケーラ(ルノー)がピットストップの際に意識してスローダウンしたとしてピットスルーのペナルティとなった恩恵を受けた形。
5位クリエン(レッドブル)、6位マッサ(ザウバー)、7位ウェバー(ウィリアムズ)そしてB.A.Rのバトン。
100戦目の初勝利を狙ったバトンだったが、またしてもウィリアムズの後塵を拝する不本意な結果となった。
[PR]

  by mtack | 2005-10-16 17:56 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< ウチの近くのツェッペリン コンピュータを入れ替えたら >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE