なかなか楽天は用意周到/ベイスターズにとっては吉か凶か

今話題の楽天のTBS乗っ取り劇。
TBSといえば横浜ベイスターズの株主。
片や、同じ会社がプロ野球球団を複数持つのはご法度らしい。
そこで楽天は予めベイスターズの売却先を確保していた、と。
なかなか用意周到じゃないですか。勢い一発のL社とはちょっと違う?
TBSの乗っ取りはさておき、この話、ベイスターズ側としても場合によっては悪い話ではないかも。
大して中継もしないくせに、ロートル客寄せパンダ買ってきてローテーション崩す株主よりは、カネは出すが口は出さない株主が現れればそのほうが球団のためかも?


ベイスターズの売却先確保 三木谷社長、政財界に説明 | Excite エキサイト : ニュース



ベイスターズの売却先確保 三木谷社長、政財界に説明 [ 10月19日 13時12分 ]
共同通信

 楽天の三木谷浩史社長が、TBS株式の大量取得を公表する直前に、TBS傘下にあるプロ野球球団、横浜ベイスターズの「売却先を見つけた」などと複数の政財界関係者に語っていたことが19日、分かった。TBSに対し共同持ち株会社による経営統合を提案する前から、楽天側がベイスターズ売却を水面下で画策していたことになる。
 TBS側は、こうした楽天の動きに強く反発、ベイスターズ売却を否定している。
 楽天は、今月13日にTBSの筆頭株主となり、経営統合を提案したと発表した。関係筋によると、三木谷社長は12日以前から、政財界関係者などに対し、ベイスターズの売却先を確保したと説明していた
[PR]

  by mtack | 2005-10-19 15:50 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< ボノも立派な政治家? 独逸は省エネ、か? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE