GはDbとウラ表で、そのときの3rdのBかb7thのFにLyd+を立てる

「G7」と言うときに、同時に「Db7」でもあって、
G altered もあればDb alteredもある訳で、ということは
Db Lydian b7 もあれば G Lydian b7thもある。
そのときBは、G7の3rdでDb7のb7th。
片やFはDb7の3rdでG7のb7th。

G Lydian b7 = Db altered = F Lydian augument (=D Melodic-minor)
Db Lydian b7 = G altered = B Lydian augument (=Ab Melodic-minor)

G7 の3rdに B LydanAugmentをたてれば G altered = Db Lydian b7
Db7 の3rdに F LydanAugmentをたてれば Db altered = Gb Lydian b7

LydianAugumentはb7thコードの、3rdでもb7thでも どちらに立てても佳い訳ね。
[PR]

  by mtack | 2005-10-23 18:03 | musik

    zum Rangordnung    

<< 一事が万事ではない、と言うか、... 非日本語のソフトウェアをインス... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE