一事が万事ではない、と言うか、cubaseSEの場合は

今度はwebでなく楽器屋で買ったんですが;webで質問したら「質問があるなら電話せい」と言うので、独逸語で来られたらヒトタマリも無いので。
店頭で「マルチリンガルなのか、英語でも起動するのか」と聞くと「取説が独英仏3カ国語で書いてあるから大丈夫なはずだ」とのこと、webでもその3カ国語対応みたいに書いてあったから多分そうなんだろうと思い即購入、
インストールすべく、 前回同様言語環境をBritishのみにし、張り切って?再起動し、
DVDからインストールして、言語環境に日本語を追加してcubaseSE起動してみると、
なんとメニューが日本語になってますよこれが。
そんなこともあるんだなぁ。ただマニュアルは(紙もpdf版も)独英仏3カ国語しかないなですけどね。
どうでも良いけど、ユーザー登録ハガキは全世界対応でしたよ、と言うか4種類入ってて欧州/米国/日本/それ以外 に別れてるんですがね。
[PR]

  by mtack | 2005-10-24 01:35 | musik

    zum Rangordnung    

<< あの阪神の負けっぷりでは...... GはDbとウラ表で、そのときの... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE