blogを更新しないのは自意識過剰か

blogを更新しないのは自意識過剰か。これはどうですかな。「自分のblogは待たれている、それだけの価値があるんじゃ、"待ち合わせに遅刻するほうが貫禄があるように見える"ってのと同じだ、だから待たせておいてやれっへっへっへ」なんて人がいれば別ですが。
よくblog上で見かけるのは「blogを更新しないことをそのblog上で謝っているのは自意識過剰」という意見。これはあたってるかも知れん。
でもよくよく考えると上で書いた自意識過剰と考えは同じか、行動が逆ベクトルに向いてるだけで。
なぜこんなことを書くかというと、
blogのなかでもそもそも定期的に記録されるべきテーマを持つもの(たとえばxxxの勉強をしていてその進捗を記録する、とか)は、これは定期的に書かなきゃいかんのではないでしょうか。「なぜ公開するのか」という疑問は残るが、そこはそれ、「宣言してしまったほうが"やらねばならぬ"感が高まる」とかいう動機であれば理解はできるし。
しかしそれも、他人に謝るかどうか、はまた別として、ですなぁ。
[PR]

  by mtack | 2005-10-26 15:54 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< あっさりしたもんだったなぁ、日... そもそも「数え方」じゃないと思... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE