やっと見つかった、「#」のキー@ISO配列

「#」のキーがねぇ、見つからなかったんですよ、ISO配列(欧州仕様)で。
半月ばかり経って、新しいキーボードにもぼつぼつ慣れてきたかと思ったけど、これだけが見つからなくて。キーボード上には「3」の上に普通に書いてあるんだけど、shift+3ってやると「£("ポンド"のマーク)」になっちゃう訳ですよ。
普通に使ってる分には佳いんだけど、音楽やる身としては#が打てないと色々不自由がね。
しょうがないから「しゃーぷ」って打ってみたりしてたけど、Band-In-A-Boxなんかは英語版だからATOK立ち上がらなかったりして、往生してた訳ですよ。大体ATOKは全角しかでないように設定してるし、かといってそれは変えたくないし。
なんて思ってたら、ふと「キーボードビューア」ってのがあったなと思い立って、見たけどパッとは見つからない、あれこれいじくってたら、見つかりましたよ意外なところで。
「option+3」だって。
文字を出すのにもoptionキー使うなんて発想全然無かった。奥が深いですなぁ。
[PR]

  by mtack | 2005-11-04 05:06 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< ectoってのがあるらしいが 30年後のisn't ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE