では趣を変えてpenta-tonic

某所でちょっとペンタトニックの話が出たから(自分が振ったんだけど)、これもちょっと考察してみよう。今更という感じもしないでもないが、実践(現場でネタとして即出てくるという意味)の幅って意外と限られてるから、改めて書き出してみるとなんか見つかるかも。

C penta-tonicを基準に考える。 C D E G A 。
C;p1,M2,M3,p5,M6まぁいわずと知れた、ってことで。avoidも無いし。
G;p4,p5,M6,p1,M2Mixo-Lydianの代わりに、と言う割には意外と劇薬かも、M3もb7も無いし、p4(avoid)あるし。むしろGm6に佳いかもね、p4上手く避ければ。あとはG7sus4とかモーダルの時とか。
D;m7,p1,M2,p4,p5D7にC penta-tonicというのはよく知られた用法だけど、p4(avoid)があるのね。同じくここに要注意ってことで。Dmに関しても同様ですね。D7sus4とかモーダルなら問題なしか。
Am3,p4,p5,m7,p1所謂マイナーペンタトニック(あとブルースペンタトニック)ですが、p4に注意ですかね。
E;b13,b7,p1,m3,p4これはあんまり使いでなさそうかな。強いて言えばE7+9でしょうが。
Bb9,m3(+9),p4,b13,m7B7b9とかどうでしょう、Altered風ってことで。でもp4あるし、結構劇薬ね。
F#(Gb);#11(b5),+5(b13),b7,b9,m3F#m7-5にいけるかも。ちょっとキツめかな。
C#(Db);M7,b9,3b3,#11,b13これはどうかなぁ、mMaj7に使えるかねぇ、b9とかb13とかあるけど。
G#(Ab)M3,#11,+5(b13),M7,b9Maj7+5ですカネ、使うとすれば。
EbM6,M7,b9,M3,#11b9がありますね。メジャーコードに特殊な使い方ってことで。上手くやればスパニッシュ風に使えるかも。
BbM2,M3,#11,M6,M7これメジャーコードに問題ないでしょう、Lydian風味ってことで。この使い方ってポピュラーなのかなぁ。
F;p5,M6,M7,M2,M3これもメジャーコードに問題ないでしょう、ルート無いけどそこがまた良しってことで。

多分まだまだあるでしょう。ネタお持ちの方は教えてください。
[PR]

  by mtack | 2005-11-13 22:00 | musik

    zum Rangordnung    

<< 力が不足している場合は相手に適... Lydian augment ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE