現実的な復興策なのでは

中国とかインドとかに携帯が普及するのと同じ理屈ですね。結局そのほうがインフラ投資が安い、と。本当にそうかどうかは分からないけど。
このケースは機材が寄付だから、多分そういう結果になるんでしょう。
ブルースの町が新たな形で再復興、ってとこですか。

ニューオリンズに無線LANのネットワークが始動! | Excite エキサイト : ニュース




ニューオリンズに無線LANのネットワークが始動!
【 P R 】

[ 2005年12月01日 16時23分 ]
[ニューオリンズ 30日 ロイター] ハリケーンで大打撃を受けたニューオリンズ、市街の大部分を破壊され、遺棄されたが、市当局は29日、近く無線のインターネットサービスを開始する、と発表した。

無料の市が運営する無線LAN(Wi-Fi)システムが、フレンチクォーターと中央のビジネス地区で稼働し始めている。ナギン市長が発表した声明によると、このシステムは1年以内に市全域をカバーする予定だという。

「ニューオリンズは、全市を無線ネットワークでカバーする最初の都市の1つになるでしょう。これは市の復興に特に重要なことなのです」

システムに必要な機材は、インテル、トロポス・ネットワークス、プロント・ネットワークスなどの私企業から寄付された。

ニューオリンズは、8月29日にハリケーン「カトリーナ」が直撃、市街の80%が浸水した。ハリケーン前には約50万にいた市民のうち市に戻ってきたのはわずか10%にすぎない。

[日本語訳:ラプター]
[PR]

  by mtack | 2005-12-01 20:18 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 本当にアップルの企業価値は上が... セブンスコード:X7が不... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE