自浄作用ってあるんだろうか米国には

CIAが昨年誤ってドイツ国民を5カ月間拘束=WP紙 | Excite エキサイト : ニュース

この記事を見るにつけ、
米国にはCIAについても報道の自由はあるようだが、
こういうことが糾弾されることによって
CIAが反省したりとかそういう
自浄作用みたいなことって果たして米国にあるのだろうか、
やっぱり「世界の警察だから何やってもよい」が基本?なんではないのか、
と感じてしまう自分。




"CIAが昨年誤ってドイツ国民を5カ月間拘束=WP紙 [ 12月05日 15時52分 ]

 [ワシントン 4日 ロイター] ワシントン・ポスト(WP)紙は4日、米政府が昨年ドイツの当局者らに対し、米中央情報局(CIA)が誤ってドイツ国民を5カ月間拘束したと認めながら、この件について口外しないようドイツ政府に要請していた、と報じた。
 同紙によると、コーツ駐ドイツ米国大使(当時)は2004年5月、シリー独内相に、カレド・マスリという人物を誤って拘束したが近く釈放すると語った。この人物は、後にアフガニスタンの収容施設から釈放されている。
 WP紙は現職および元情報・外交当局者のインタビューを引用してこの件について報道しているが、CIA当局者はロイターにノーコメントとしている。"
http://www.excite.co.jp/News/main/20051205155237/JAPAN-195975-1_story.html
[PR]

  by mtack | 2005-12-05 16:20 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 埼玉がフルートの産地とは知らな... ストーンズ、東京ドームにビル建... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE