ライスめ、やはり反省する気はないな

こう書いては見たが、その通りになってしまった感じ。
結局、「自分は米国だから正しい」と言う訳か。

米独、CIAによるドイツ人男性の拉致疑惑で意見が相違 | Excite エキサイト : ニュース



"米独、CIAによるドイツ人男性の拉致疑惑で意見が相違 [ 12月07日 09時54分 ]

[ベルリン 6日 ロイター] ライス米国務長官は6日、米国が対テロ戦争で間違いを犯す可能性があるかもしれないが、もし間違いがあれば、それを正すことを約束すると述べた。
 ただ、米政府高官らは、米中央情報局(CIA)によってドイツ人男性が拉致されたとされる事件についてのメルケル独首相の発言に異議を唱えている。
 メルケル首相は、べレリンで行われたライス国務長官との共同記者会見で、ドイツ国籍のカレード・エル・マスリ氏が米中央情報局(CIA)によって飛行機でアフガニスタンに連行され、その後5カ月間にわたって拘束されたとされる事件について、米国側が過ちを認めたと発言した。
 マスリ氏問題に関する質問を受けた同首相は「個別の問題について双方が話し合い、米国側が過ちを認めたことに満足している」と答えた。
 不当な拘束としてCIAを告訴しているマスリ氏は、3日に米国への入国を拒否されている。
 一方、ライス長官に同行している米政府高官らは、同長官がマスリ氏問題で過ちを認めた訳ではないと否定している。"
http://www.excite.co.jp/News/main/20051207095422/JAPAN-196209-1_story.html
[PR]

  by mtack | 2005-12-08 07:22 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 残念ながら、意味がよくわからない いざ「ジャズ理論を教える」とな... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE