やっぱ今はフランスは怖いですよねぇ

自分もね、休暇とって行こうかなんて思ってましたけど、
最近暴動騒ぎ聞かないとはいえ、まだちょっと、ねぇ。
黄人も有色人種ってことで、妙な巻き込まれ方することが有り得ないとは言い切れないし。
とりあえず静観、また機会があったらね、行こうかと思いますよ。

仏政府、暴動騒ぎで不振の観光業回復に乗り出す | Excite エキサイト : ニュース



"仏政府、暴動騒ぎで不振の観光業回復に乗り出す [ 12月09日 14時57分 ]
 [パリ 8日 ロイター] 仏政府は、10月に発生した一連の暴動によって同国のイメージが悪化し外国からの観光客が減少したため、それらを回復するための対策に乗り出した。100万ユーロ(約1億4200万円)をかけて新聞広告などを出し、イメージアップを図る。
 観光省は8日、新聞とインターネットの旅行サイトに広告を出すと発表した。エッフェル塔のそばで抱擁するカップルなどの写真を載せる予定。
 このキャンペーンで特に対象としているのは米国、日本、中国、オーストラリア、ロシアからの観光客。これらの国々は暴力的な印象に最も敏感な反応を示すと仏政府がみているため。
 観光省によると、ツアーのキャンセルがあったのはロシアと日本からで、米国人はどちらかというと様子見傾向だという。
 政府統計によると、観光収入は958億ユーロで昨年の国内総生産(GDP)の6.5%を占めていた。
 今回の暴動は主に、社会から疎外された若者や、人種差別、警察の厳しい対応、高い失業率などに不満を覚える若者が引き起こした。"
http://www.excite.co.jp/News/world/20051209145722/JAPAN-196548-1_story.html
[PR]

  by mtack | 2005-12-09 16:37 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 親の好みで子供の外見を決めるの... セブンスコード:X7 が不安定... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE