晩婚・晩産化と少子化は別の問題の気がしますが

赤ちゃんの51%が30代の母親から生まれている晩婚・晩産化の傾向を踏まえ「社会全体で若い子育て世帯を支援することにより、少子化の流れを変えなければならない」と指摘。

早く結婚しさえすれば子供はたくさんできるのか?
どうも違うように思いますが。

出生率最低で超少子化国に 05年版少子化社会白書 | Excite エキサイト : ニュース



"出生率最低で超少子化国に 05年版少子化社会白書 [ 12月16日 10時33分 ]
共同通信

 政府は16日午前の閣議で、2005年版「少子化社会白書」を閣議決定した。1人の女性が産む子供の人数を表す合計特殊出生率が04年に1・29と過去最低を記録した日本の現状を「超少子化国」と表現。少子化に歯止めがかからなければ、総人口の減少が当初予想していた07年より1年早い06年にも始まるとの見通しを示している。
 赤ちゃんの51%が30代の母親から生まれている晩婚・晩産化の傾向を踏まえ「社会全体で若い子育て世帯を支援することにより、少子化の流れを変えなければならない」と指摘。児童手当などの経済的支援や地域の支援などを幅広く検討する必要性を強調した。 "
http://www.excite.co.jp/News/politics/20051216103332/Kyodo_20051216a138010s20051216103335.html
[PR]

  by mtack | 2005-12-16 17:41 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< §代理コードの基本 現代のジャンゴラインハルトか >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE