これでクビになる閣僚は出ないのか?

WTO事務総長のブログというのがあるらしく。
「可哀想なスタッフたちは、いつになったら眠れるんだ? という目で私をじっと見ていました」
「私の部下でさえ、会議でうとうとしたり、廊下で数分の眠りをとろうとしていました」

原文を見てないので他にどんなことが書いてあるのか分かりませんが、
これでクビになったりなさりませんよう(このブログの「参考文献」もご参照)。

WTO会議で睡眠不足 閣僚ブログの報告 | Excite エキサイト : ニュース



"WTO会議で睡眠不足 閣僚ブログの報告
[香港 18日 ロイター]  香港で開催されたWTO(世界貿易機関)第6回閣僚会議は、長いあくびを伴うものだったという。

国際貿易自由化の新しいルールを取り決める6日間にわたる会議が最後の数時間に入ったとき、参加者全員が緊張のもとにあった。

パスカル・ラミーWTO事務総長は自身のブログに書いた。
「可哀想なスタッフたちは、いつになったら眠れるんだ? という目で私をじっと見ていました」
「私の部下でさえ、会議でうとうとしたり、廊下で数分の眠りをとろうとしていました」

ラミー曰く、彼の部署は1999年のシアトルおよび2003年のカンクンでの失敗を繰り返さないよう奮闘しながら、土曜の夜から日曜の朝にかけて320杯のコーヒーを消費したという。

「発展途上国の輸出にとっては悪くないですね」と彼は書いた。

ピーター・マンデルソン通商担当委員は、いつも通り緑茶を飲んで、延々と続く議論に取り組んだ。

「彼はカフェイン抜きです」ある欧州委員は日曜日、マンデルソンが二晩の徹夜の後に初めてちょっとしたうたた寝をしていた際に発言した。

一方、香港の街では昼間から完全装備の警官隊が待機している。昼間、韓国の反自由貿易グループとの衝突があり、夜にデモ参加者たちを路上に集めて監視下に置いた。

ロブ・ポートマン米国通商代表は睡眠不足などたいしたことはないと一蹴した。

記者に最新情報を聞かれて、彼はこう返した。「最新の進展は、眠りが過大評価されているのがわかったことです。毎晩睡眠時間は減り続け、昨晩は一睡もしませんでした。しかしその価値はありました」"
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081135117414.html
[PR]

  by mtack | 2005-12-21 16:37 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< §短調のドミナントモーション、... キヨに続きノリもオリックス >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE