前向きなニュースだけ、なんていかが

クリスマス版『ビルド紙』は、前向きなニュースだけ | Excite エキサイト : ニュース

前の記事のような、そう言う意味では、
こういう企画もよいかも知れない。
元旦の新聞は暗い記事禁止、とか。



クリスマス版『ビルド紙』は、前向きなニュースだけ[ 2005年12月25日 12時34分 ]
[ベルリン 24日 ロイター] クリスマスイブのビルド紙からは、犯罪、汚職などの気分を害するニュースが消え去った。

ドイツで最も発行部数の多いビルド紙は24日、国内、および世界のニュースで前向きな記事だけを厳選、良いニュースだけを掲載した。

1面には、ニューヨークでの公共交通ストが終了したことを喜ぶ記事、ダイムラー・クライスラーが新たな雇用を創出した記事、パキスタンでの救援活動を延長したドイツ軍の記事、そして株価が3年半ぶりの高値を付けた記事が掲載された。

他にはこんな記事もある。

「何千人もの米軍兵が帰宅を許可された。ラムズフェルド米国防長官が、7,000人の兵士削減を来年行うことを発表したからだ。イラクに駐留するアメリカの兵士たちには、うれしい知らせだ」

クリスマスだけの特別版であり、今後は普段通りに怠慢な政治家、スキャンダル、犯罪などのニュースを提供するタブロイド・スタイルの日刊紙に戻る。

「良いニュースだけのビルド紙特別版」の18面にはコラムニスト、ピーター・デッカー氏の寄稿文が掲載されている。

「ねたみ、ほくそ笑んで私たちが生きている時代を見つめたり、あるいは典型的なドイツ人、つまり敗北主義者の視野で時代を中傷したくはありません。かといって、私たちは存在しない『神聖な世界』の幻想を抱いているわけではない。おとぎ話を書いているのでもないのです。私たちが大きな見出しで前向きなニュースを報じた時、苦情を述べるような心の狭い読者は必要ありません。世界には良いニュースがあるのです」

ビルド紙の人気コラムニスト、デッカー氏はさらに続ける。

「俳優ジョージ・クルーニーは、隣家の修理代を支払ってあげている。結局、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーはヨーロッパで結婚するだろう。コートニー・ラブの借金問題はすでに過去のことだ。また、歌手ピンクは来年元旦に結婚するかもしれない」

「国内での知能犯罪が減少」、これは昨年より17%減少した知能犯罪発生件数を伝える記事のヘッドラインだ。

「KarstadQuelleは予定したより早く負債を返せる」、これは苦闘する小売業者についての記事の見出しだ。

「ババリアではオーストリアで失業中の教師に職を提供している」、というヘッドラインもある。また、ベルリンでは500人の学生が土曜日に、「サンタ」や「エンジェル」のアルバイトでプレゼントを配り、お小遣いを稼いだことをビルド紙は報じた。

銀行強盗の手助けをしたため、懲役3年半を宣告されて服役していた元銀行職員のドイツ人女性(30歳)が、2年で出所したことを報じるヘッドラインは、「かわいい銀行強盗、クリスマス恩赦で出所」というものだった。

スポーツ面には、足をケガしたプロのバスケットボール選手が、再び歩けるようになったニュースが掲載された。

数多く掲載された「グッド・ニュース」の中で、最も「良い」ニュースは、お金に苦しんでいた夫婦が、競売で自宅が売り払われるわずか2時間前に、宝くじで85,600ポンド(約1,720万円)が当たったことだろう。

看護師で、2人の子供がいるザビーネさんは言う。

「差し押さえ前、担当者が毎日のように家を検査しに来ました。絶望感から私はロトを買いに行ったのです。私たち家族の最後の望みでした」

この記事はロイター通信社との契約に基づき、エキサイト株式会社が日本語翻訳を行っております。
[PR]

  by mtack | 2006-01-01 23:18 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 海外移住ってのは問題解決になる... 『やればできる』 希望の年? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE