メールも押収されるんだぁ。

いわゆる稟議書、というか意思決定の書類、って、商法で保管義務ありましたよね確か。電子保管でも良いのかしら。
いずれにせよ、「消去されたデータも復元」ってのがすごい、検察のヤル気というか確信の表れでしょうか。
反面、「稟議書をシュレッダーにかけました」って言ったら明らかに何らかの意思が働いている感じがするけど、「メールを消しました、バックアップは取ってません」って言っても(良し悪しは別として)普通のことと言えなくは無い、言い逃れの余地はある、かな。尤も、IT企業の社長がそれじゃ困るけど。
そう考えると、電子データって消去の仕方によっては復元できちゃうから、こういうときには紙(対シュレッダー)よりも経営者にはタチ悪いというか調べる側には好都合というか。


<ライブドア>押収メール10万件 消去データも復元 地検 | Excite エキサイト : ニュース



"<ライブドア>押収メール10万件 消去データも復元 地検 [ 01月18日 15時00分 ]
毎日新聞社
 ライブドア(東京都港区)グループによる証券取引法違反事件で、東京地検特捜部は、押収した堀江貴文社長(33)らのノートパソコンに残されたデータの解析を始めた模様だ。捜索容疑の舞台となった企業買収も、幹部間の電子メールだけで意思決定され、社内には稟議(りんぎ)書が残されていないという。既に消去されたデータの中に、重要な証拠が含まれている可能性もあり、特捜部は、堀江社長らの関与を立証するため、専門家などの協力を得て、データの復元も図るとみられる。

 関係者によると、16日夕から17日午前6時過ぎまで半日にわたって行われた家宅捜索で、特捜部は、堀江社長やグループ幹部、社員のノートパソコンの大半や、サーバーのデータなどを押収した。M&A(企業の合併・買収)に深く関与し、証券・電子マネーなどの業務も行う「ファイナンス事業部」が、重点的に捜索を受けたという。特捜部は、同部を不正行為の実行部隊と位置づけているとみられる。

 特捜部は捜索に先立ち、グループ元幹部から電子メールの提供を受け、その中に、事件を主導したとされる堀江社長や宮内亮治(38)、岡本文人(38)両取締役の関与を示す内容の記載があった。押収したパソコンに残されたメールは10万件を超えるという。特捜部は証拠隠滅などを恐れ、通常は方針決定の翌日に行う家宅捜索を、数時間後に強行する異例の捜査態勢を取った。

 ライブドアは、社内電子メールシステムの整備で会議を極力省略。幹部への業務日誌や企画の提出、社内稟議、幹部同士の打ち合わせまでメールで行っている。さらに、1対1のメールだけでなく、同一の内容を加入済みのメンバー全員に一斉に送る「メーリングリスト」が1000件以上設定されている。
"
http://www.excite.co.jp/News/society/20060118150000/20060118E40.083.html
[PR]

  by mtack | 2006-01-18 18:34 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< そういえばLydian b7t... そういえば、ナイロン弦ってどう... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE