緊急増強:1割増の効果やいかに?

こんなことがありましたから東証では、50万件分、処理能力を増やしたそうです。
これで対応は完璧、と思ってはいないでしょうけど、それにしても焼け石に水なのでは??

FujiSankei Business i. 総合/東証処理能力、500万件に緊急増強(2006/1/23)
http://blog2.business-i.jp/tb.php?art_id=200601230019a&path=/news/sou-page/news/




" 東証処理能力、500万件に緊急増強
FujiSankei Business i. 2006/1/23  TrackBack( 43 )

Click here to find out more!
 東京証券取引所は二十二日、株式売買が処理システムの能力不足で全面停止したことを受け、二十三日から一日当たりの売買処理能力を五十万件引き上げて、最大五百万件に緊急増強すると発表した。これに伴い、売買件数が急増した場合の取引停止基準件数を現行の四百万件から四百五十万件に緩和。ただし、午後の取引時間を三十分短縮する緊急措置は続ける。

 ▼焼け石に水?

 東証のシステムの処理能力が緊急増強されたが、ライブドア株の動向次第では一気に能力をオーバーする可能性がある。同社株は先週末までは、売り注文が買い注文を大きく上回り、売買がほとんど成立しなかったが、今後、株価に割安感がでてくれば買い注文が増え、約定件数も増えるためだ。市場関係者は、「東証は、ライブドア株に買いが入り始めた段階で爆発する新たな時限爆弾を抱え込んでいる」(大手証券幹部)とみている。

 ライブドアショックが発生した十七日以降、同社株は、売り注文が二億五千万-二億七千万株に対し、買い注文は数十万株という日が続いている。このため連日、値幅制限一杯の安値(ストップ安)で、買い注文に見合っただけの約定にとどまっている。

 ▼割安感が契機

 すでに株価は強制捜査前の半値以下に下落しているので、今後、投資家の間に割安感が台頭する可能性がある。市場関係者は「上場廃止になっても、倒産の可能性は少ないと判断すれば、一定の価格まで下がった段階で、買いに動く投資家が急増する」(同)と指摘する。

 ライブドア株の最低売買単位である単元数は一株。発行済み株式数は約十億五千万株にのぼる。「本格的にライブドア株の売買が成立するようになれば、東証での売買件数、約定件数がライブドアだけで数百万件に達しても不思議ではない」(証券アナリスト)という状況だ。

 ▼「社長日記」を再開

 渦中のライブドア、堀江貴文社長(33)は、インターネット上で毎日公開している「ライブドア社長日記」を二十二日、三日ぶりに再開し、「毎日、(住居がある六本木ヒルズ内の)レジデンスと(職場の)森タワーの往復で、いろいろ対策会議をしている」と現状を説明した。

 ライブドアは二〇〇六年九月期第1四半期(〇五年十-十二月期)の決算発表を二月上旬に控え、一月中に取締役会で発表内容を決議する必要があるが、財務担当の役員らが事情聴取を受けているうえ、「(パソコンや帳簿など)資料を大量に押収されていたりするので、準備に追われている」という。

 さらに粉飾決算が疑われている〇四年九月期決算監査を担当した「港陽監査法人」(横浜市)も家宅捜索を受けており、第1四半期決算の資料づくりに影響が出そうだ。

 堀江社長も今週中に事情聴取される、との見方もあるが、二十二日午後に更新した「社長日記」の中では、「疑いをかけられている件につきましては私は身に覚えがない」とキッパリと否定している。"
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200601230019a.nwc
[PR]

  by mtack | 2006-01-23 23:37 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< しかし寒いですね。 やはりメール押収、やはり風説流... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE