AIBO撤退、それでいいのかソニー

ソニーもだんだん
フツーのというかただの会社
になりつつある気がする。

FujiSankei Business i. TOPIC/ソニー、「アイボ」切る決意(2006/1/27)

「アイボ」の生産を中止 ソニー、ロボット事業撤退 | Excite エキサイト : ニュース



"ソニー、「アイボ」切る決意
FujiSankei Business i. 2006/1/27


 「AIBO(アイボ)」「QRIO(キュリオ)」。ソニーブランドが、また消える。

 経営再建中のソニー(東京都品川区)が二十六日、新たな構造改革策を発表し、累計約十五万体を販売し、一世を風靡(ふうび)したペットロボットのアイボ、広告塔として活躍してきた人型ロボットのキュリオから撤退することを決めた。新規開発を中止し、アイボは今年度末で生産終了となる。

 高級・高品質にこだわり、受注生産をしているAV(音響・映像)機器ブランド「QUALIA(クオリア)」も、事業を順次終了。これまでに液晶テレビ、オーディオなど十一機種を出しているが、新規開発はすでにとりやめた。

 昨年六月に就任した中鉢良治社長(58)は、「エレクトロニクス事業の復活なくしてソニーの復活はない」と言い続け、「先進」「高級」という、同社のイメージを形作ってきたブランドまで切り捨てた。復活への強い意志を、世界市場に印象づけるのが狙いだ。

 ただ、ソニーは同日、二〇〇六年三月期連結業績予想を上方修正。大根田伸行・最高財務責任者(CFO)(60)は「テレビ事業で改善の手応えがある」と、業績改善に自信を示した。

 日本を代表する企業、ソニーは、再び立ち上がれるのか。AP、ロイターなどが「ソニーの決意」を世界に打電した。"
http://www.business-i.jp/news/top-page/topic/200601270004o.nwc
[PR]

  by mtack | 2006-01-30 20:15 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< リサイクルカートリッジは特許侵害か 何種類かLydian某スケール... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE