Lydian何某を長3度に充てるってのはありなんだろうか

まぁ本則的じゃないんでしょうけど
マイナーコードだったら短3度に当てるんだから、ねぇ。

Abmaj/Ab7を想定して、
C Lydian (F Major)ならば C D E F# G A B; M3,#11,aug5,m7,M7,b9,#9
C Lydian augment (A melodic minor= Ab altered)ならば C D E F# G# A B; M3,#11,aug5,m7,p1,b9,#9
C Lydian b3 (E harmonic minor)ならば C Eb E F# G A B; M3,P5,b13,m7,M7,b9,#9
C Lydian diminished (G harmonic Major)ならば C D Eb F# G A B; M3,#11,P5,m7,M7,b9,#9
C Lydian b7th (G melodic Minor)ならばC D E F# G A Bb;M3,#11,aug5,m7,M7,b9,M2
2つめのLydian augmentは、Ab7augとしては普通かな。
そのほかはみんな短7度と長7度が同居しているんで、扱いに苦しむ感じですが、7thコードにmaj7を突っ込むという使い方がよさそうな感じですかね。あとは普通のメジャー時にアウト用として使えるかなぁ。

いずれにせよ、無理やりな感じは否めないけど。
[PR]

  by mtack | 2006-02-03 01:33 | musik

    zum Rangordnung    

<< 知ったかぶりというよりも無理や... § セカンダリー・ドミナント ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE