CDは高価すぎるか。音楽の質は下がっているか。

CDが高価すぎるかどうかはともかく、
この記事にはいくつか興味深いコメントがある。
音楽の質が下がっているかどうかも微妙なところだが、それよりも不必要に均質化してしまっているのではないか、と自分は考える。演奏・音質などのレベルは上がっているかもしれないが、特徴・差異が見出せないものが非常に多い。
特に、ラップに関するコメントには同意したい。いつまでたっても自分には進化の跡が見出せない。

新しくなくても佳いから
耳に新鮮な音を聴きたいものである。

 「大した才能もない人が曲を出して、あっという間にミリオンセラーになり、それっきり噂を聞かなくなる」。

音楽ファンの71%が1曲99セントでのダウンロードは価格として妥当、あるいはお買い得と考えている。

 ピアツーピア(P2P)ネットワークを通じ、多数の音楽が無料でダウンロードされる現在になっても、嫌悪感は依然として存在する

消費者がCDを1枚買ったら、そのアーティストの楽曲を5~6曲無料でダウンロードしてよいことにしてはどうか

18~34歳――音楽業界が主要なターゲットとする年齢層――の音楽ファンの49%が、音楽の質は低下しつつあると答えているのだ。

 ここ5年間で音楽の売上が減少している理由については、音楽ファンの間で意見が分かれている。違法ダウンロードのせいだとする人が33%、他の娯楽との競合によるものとする人が29%、音楽の質が低下しているせいだとする人が21%、CDの値段が高すぎるからだとする人が13%だった。

 世代間の格差が最も大きかったのはラップ音楽だ。調査によると、35歳未満の層では18%がラップやヒップホップを好きな音楽ジャンルに挙げているが、35歳以上ではわずか2%に過ぎなかった。
"

低迷する音楽業界:世論の意見は「CDが高価すぎる」 | Excite エキサイト : ニュース



"低迷する音楽業界:世論の意見は「CDが高価すぎる」 [ 02月06日 18時05分 ] Hotwired Japan

 レコード会社の幹部たちは、何かと言うと業界の不振を違法ダウンロードのせいにする。だが、全米規模の最新世論調査の結果を見るかぎり、自分たちの姿勢をこそ振り返ってみるべきかもしれない。

 AP通信と『ローリング・ストーン』誌が共同で行なった世論調査によると、回答者の80%は、著作権者の許可なしに無料で音楽をダウンロードすることは窃盗にあたると考えており、92%は一度も違法ダウンロードに手を染めたことがないという。

 その一方で、CDは高すぎると答えた音楽ファンは4分の3にのぼり、また、音楽全体の質が低下しつつあると答えた人は58%に達した。

 「大した才能もない人が曲を出して、あっという間にミリオンセラーになり、それっきり噂を聞かなくなる」。マサチューセッツ州ケープコッドに住むケイト・シムキンズさん(30歳)はこう話す。

 調査会社仏イプソス社の子会社、米イプソス・パブリック・アフェアーズ社が実施した今回の調査では、1月23日から25日(米国時間)にかけ、アラスカ州とハワイ州を除く全州で1000人の成人(うち音楽を習慣的に聴く人は963人)を対象に電話で聞き取りを行なった。標本誤差は±3%だ。

 違法ダウンロードの蔓延や『iPod』(アイポッド)人気で従来のビジネスモデルが打撃を受け、音楽業界はここ数年混迷をきわめている。音楽売上の追跡調査サービス『ニールセン・サウンドスキャン』によると、2005年の米国におけるCDアルバム販売枚数は6億1890万枚と、2001年の7億6280万枚から大幅に減少している。

 一方で、2005年のデジタル音楽の販売数は3億5270万曲にのぼったが、この統計分類は5年前には存在すらしなかった。音楽や着メロのデジタル販売は新たな収入源として期待できるが、多くの場合、より旨味のあるCDの売上を犠牲にしなければならない。

 デジタルでの音楽購入は、まだ広く浸透したとはいえない状態――調査で購入経験ありと答えた人は15%に過ぎなかった――だが、この種の購入形態は徐々に受け入れられつつあるようだ。調査では、音楽ファンの71%が1曲99セントでのダウンロードは価格として妥当、あるいはお買い得と考えている。

 ピアツーピア(P2P)ネットワークを通じ、多数の音楽が無料でダウンロードされる現在になっても、嫌悪感は依然として存在する。

 「自らの芸術を売りに出しているのだから、作者にはその報酬を手にする権利がある」と、テネシー州チャールストン在住のミッキー・ジョンソンさん(41歳)は話す。

 一方、音楽業界はダウンロードを容認すべきだというのは、ミネソタ州ミネアポリスに住むグレッグ・ホーガーさん(42歳)。消費者がCDを1枚買ったら、そのアーティストの楽曲を5~6曲無料でダウンロードしてよいことにしてはどうかと提案している。

 ホーガーさんやシムキンズさんのような音楽ファンにとって、1枚20ドル前後のCDはけっして安いものではない。それなら、iPodに好きな曲を1~2曲ダウンロードする方がましだ。デジタル音楽にはほかにもメリットがある。シムキンズさんによると、iPodを持つようになってから、車の中にカセットやCDが散らかることがなくなったという。

 最近シムキンズさんがCDを買ったのは数ヵ月前のことで、ザ・キラーズのものだという。「安売りしていたので」とシムキンズさん。

 また調査では、多くのファンが今の音楽が好きでないと答えた。古くからのファンが、今の音楽は自分たちが聴いて育った音楽と変わってしまったと言うのは驚くことではない。しかし、18~34歳――音楽業界が主要なターゲットとする年齢層――の音楽ファンの49%が、音楽の質は低下しつつあると答えているのだ。

 「両親はロックンロールの騒がしさや革新的なところは好まなかったが、中には聴いて楽しめるようなものもあった」と話すのは、ワシントン州スノホミッシュのクリスティーナ・チョルカーさん(49)。「不快で、胸の悪くなるような音楽ではなかった。女性を殴ったり警官に発砲するという内容でもなかった」

 そんなチョルカーさんが最近買ったCDは、ニール・ダイアモンドの新盤だ。「オプラ[・ウィンフリー:米国のトーク番組の司会者]が絶賛していたから」

 ここ5年間で音楽の売上が減少している理由については、音楽ファンの間で意見が分かれている。違法ダウンロードのせいだとする人が33%、他の娯楽との競合によるものとする人が29%、音楽の質が低下しているせいだとする人が21%、CDの値段が高すぎるからだとする人が13%だった。

 調査ではそのほか、ほとんどのファンが今なおFMラジオで新しい音楽の情報を得ていることが分かった。2位はテレビだが、1位との差は大きい。

 最も人気のある音楽ジャンルはロックンロールで、音楽ファンの26%がこのジャンルを挙げた。35歳以上の層ではカントリーが僅差で迫っている。

 世代間の格差が最も大きかったのはラップ音楽だ。調査によると、35歳未満の層では18%がラップやヒップホップを好きな音楽ジャンルに挙げているが、35歳以上ではわずか2%に過ぎなかった。
"
http://www.excite.co.jp/News/computers/20060206180505/Hotwired_20060206103.html
[PR]

  by mtack | 2006-02-07 01:45 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< Lydian diminish... ユニット練習4Feb und ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE