売上に差が出るなんて

総勘定元帳と補助簿に差がある、と言う話。
補助簿と言うか、売上台帳から作ったデータウェアハウスと、総勘定元帳が会わない、なんてことがたまにある。
普段は売上勘定は振替伝票は絶対入れないんだが、決算期(四半期含む)にはやることもあるのよね、それじゃ合わんわ。
あとは、補助簿で入れた伝票を自動転記するときにエラーになったとか、ね。
調べてみるといろいろ出てくるもんですな。いや、普段も合ってることは確認してるんだけどね、いざ合わないとなると、さ。
そういえば「差の差踊り(差を突き詰めて行き過ぎてどうでもいい値までこだわることを揶揄する業界用語)」なんて言葉もあったけど、売上となるとちょっとね。
関係ないけど、「さのさ踊り」というのは実在するようで。
[PR]

  by mtack | 2005-01-19 03:12 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< "言葉が独り歩きする... 冬のボーナス、「増えた」が「減... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE