荒川さん、金メダルと共に去りぬ(予定)

正直、自分あまりフィギュアスケートって好きじゃなくって今回もなんとなく見てたんですが、
彼女の演技(フリー)には圧倒されました。あれは確かにすごい、美しい。「女王」と呼ばれるのも頷ける。
しかし、本人的にはもうやめる決意らしく。と言うより、納得してやめるために今回の五輪に臨んだとのこと。有終の美、と言うわけですな。


<フィギュア>周りに流されてきた自分と決別…頂点へ 荒川 | Excite エキサイト : ニュース

<フィギュア>荒川が無心の演技でコーエンを降す 米紙 | Excite エキサイト : ニュース
http://www.excite.co.jp/News/world/20060224182100/20060225M30.025.html



"<フィギュア>周りに流されてきた自分と決別…頂点へ 荒川 [ 02月24日 11時18分 ]毎日新聞社

 フィギュアスケート女子で金メダルを獲得した荒川は夢の中にいた。表彰式後、首から金メダルを下げながら「何が何だかわからず、頭の中が真っ白」な状態で、拍手の鳴りやまないリンクを回った。

 起伏の激しいフィギュア人生だった。16歳で長野五輪に出場しながら、その後低迷して前回五輪は代表落ち。過去3年間の世界選手権は8位、優勝、9位。自らの才能の大きさに振り回されてきた結果だった。

 最もつらかった時期は昨シーズン。04年3月の世界選手権で女王になり、引退のつもりだったが「次は五輪で金メダル」と期待され、その流れに逆らえずに身を任せた。「自分がどこに向かうか見えず、気持ちが乗らないまま」で練習も中途半端。「世界チャンピオンになんかなるんじゃなかった」。結局、1年後の世界選手権は惨敗した。

 「宮城の天才少女」と呼ばれていた10歳の時から、日本スケート連盟は英才教育を施し、大きな期待を寄せてきた。日本スケート連盟フィギュア強化部長の城田憲子監督は「私は静香を言葉で何度も殺してきた」という。それほど厳しく叱咤(しった)激励し、才能に見合う猛練習を求めたという意味だ。

 だが、他人と競うのが嫌いで「試合で何番になりたいと考えたこともない。順位のつかないアイスショーで滑りたい」というのが荒川。一つの夢をかなえると満足してしまうから、伸び悩みや停滞を招く。宮城・東北高時代はスケート漬けの生活を拒み「トップ選手の中で最も普通の高校生活を送ったと思う」と、ひそかに誇りにしている。スポーツ選手向きの性格ではないが、能力の高さを周りは放っては置かず、そのギャップに苦しんできた。

 そんな荒川が本気になった。5歳でスケート靴をはき、青春をかけてきた競技を「気分の悪いままやめたくない。達成感を得てやめたい」と思った。シーズン前の夏場の練習はハードで「米国へ練習を見に行ったら、空気がピリピリと張り詰めていた」(城田監督)。昨年12月にコーチを変え、先月にはフリーの曲を世界選手権で優勝した時の曲で「一番好き」というプッチーニ作曲「トゥーランドット」に変更。周りに流されてきた自分と決別し、自らの意思で動いた。

 この日は演技中、過去の試合の場面が何度も脳裏をよぎったという。「あそこに行ったな、あんな試合もあったな、という感じで。この試合がスケート人生の集大成と思った」。今季限りの引退は決めている。プロになり、アイスショーで滑るつもりでいる。

 普通でありたいと願った女性の波乱の物語は、この上ないハッピーエンドだった。【来住哲司】 "
http://www.excite.co.jp/News/sports/20060224111800/20060224E50.056.html
[PR]

  by mtack | 2006-02-24 16:39 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< Thelonious monk... 最初からそう言ってくれれば解り... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE