本当に仲良くなったんだろうか

独仏共同で歴史教科書 欧州統合での役割強調
Excite エキサイト : 国際ニュース


EU統合の役割強調、って歴史のごく一部やん。
そのほかはどういう書き方になってるんでしょうか。独逸は日本と違って周辺各国と和解済みなようなので、ナチスだろうがホロコーストだろうが何でも書くんでしょうが。という意味では意義が佳く解らない。
独仏共同で何か作業が出来るって言うアピールなのかしら。アピールしないと仲良くなったって認知されないのかしら。



"独仏共同で歴史教科書 欧州統合での役割強調 [ 05月02日 08時42分 ] 共同通信

 【パリ2日共同】1日のフランス公共ラジオによると、フランス、ドイツ両国の学者が共同編さんした初の歴史教科書がこのほど完成し、4日に両国で同時出版される。欧州統合に両国が果たしてきた主導的な役割などを強調する内容。
 完成したのは1945年の第2次大戦終結以降の現代史を扱った高校生向けの教科書で、両国の学者各5人が編さんに参加した。
 表紙には、1984年に当時のミッテラン大統領とコール首相が、第1次大戦の激戦地、フランス北東部ベルダンで和解を誓った際の写真が使われた。
 教科書の共同編さんは、第2次大戦後の両国関係の基礎をつくった独仏協力条約(エリゼ条約)40周年を記念して、フランスのシラク大統領とドイツのシュレーダー首相(当時)が2003年に合意していた。"
http://www.excite.co.jp/News/world/20060502084210/Kyodo_20060502a339010s20060502084213.html
[PR]

  by mtack | 2006-05-03 15:57 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 最終手段はヘロイン 奇行の挙げ句? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE