最終手段はヘロイン

ドイツ政府、薬物中毒者への「ヘロイン療法」検討中
Excite エキサイト : 国際ニュース


なんでもヘロインで直すわけじゃないんですね。
ニコチン依存症くらいじゃ対象外か。



"ドイツ政府、薬物中毒者への「ヘロイン療法」検討中 [ 05月02日 17時59分 ]

 5月1日、独政府は長期的な薬物中毒者の「体調改善」を目的にヘロインの無料提供を検討。写真はヘロインの原料となるケシの農場、アフガニスタンで2005年撮影(2006年 ロイター/Ismail Sameem)
[ 写真拡大 ]
 [ベルリン 1日 ロイター] ドイツ政府は現在、長期的な薬物中毒者に対し、「体調改善」を目的とした無料のヘロイン提供を検討している。2日付の独ディー・ウェルト紙が、社会民主党(SPD)のベーツィング議員の発言として報じた。
 同議員は「ヘロイン療法は一部の中毒者にとって最後の望みであり、生きていくための助けになる」と指摘。さらに「(同療法は)中毒者らの体調改善と社会生活安定化につながる」と述べた。
 また、SPDと連立政権を組むキリスト教民主同盟(CDU)も、1000─1500人の薬物中毒者にヘロインを与えるこの案に賛成するだろうとしている。
 同議員によれば、ドイツ国内7都市で行われた事前のテストでは、長期的な中毒者の治療に関しては、メタドン(ヘロイン中毒の治療薬)の投与よりも適量のヘロイン投与の方が効果的だったという。"
http://www.excite.co.jp/News/world/20060502175948/JAPAN-212007-1_story.html
[PR]

  by mtack | 2006-05-03 15:58 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< これは、速い! 本当に仲良くなったんだろうか >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE