マッサ初ボディウム:F1欧州GP

そう言えば前戦もSchumiとアロンゾの戦いだったんだっけ。印象薄。今回の方がレースとして面白かったですね。
で、マッサが3位、初ボディウム、ライコネンの猛追をかわして。あと数周あったら危うかったけど。
バリチェロ5位、やっとまずまずの戦績か。方やバトンはまたもリタイヤ、今回はピットのせいには出来まい(謎)。
ロスベルグは最後尾から7位入賞。デビューが鮮烈だったのに比べてここ数戦地味だったが、今後に期待。
フェラーリが表彰台に2人並んだのは久々に見たなぁ。

Nifty F1-06



"シューマッハ、2連勝飾る!

ゴールまであと6ラップというところで5位争いを演じていたモントーヤ(マクラーレン)、ラルフ(トヨタ)が相次いでリタイヤ。
トヨタはケルンから多くのトヨタ社員が応援に駆けつけていたが、トヨタの大看板の前でラルフが白煙を上げてストップするという皮肉となった。

レースは結局シューマッハが2位アロンソに約4秒の差を付けてゴール。
サンマリノGPに続いてみごと2連勝を飾った。

また終盤激しく2位争いを演じたアロンソ、マッサ、ライコネンはそのままの順位でゴールになだれ込んだ。
これによりマッサは自身初の表彰台ということになった。

5位にはバリチェッロ、6位フィジケーラ、7位ロズベルグ、8位ビルニューブとここまでが入賞。
以下トゥルーリ、ハイドフェルド、スピード、モンテイロ、アルバースまでが完走となった。"
http://fmotor.nifty.com/f106/
[PR]

  by mtack | 2006-05-07 23:19 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 存在しないって、証明できるの? 井手、外される >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE